Blue Flower

ウェディングのギフトと言えば様々ありますよね、しかし、中には貰って嬉しいことは嬉しいのですが、困惑してしまうギフトもありますよね。



例えば、新郎新婦の名前や写真入りの大皿、貰って嬉しいのですが、使おうという気持ちになれず、しかし処分もできないというケースもありますよね。



最近では、そんな負担がないプチギフトが結婚式のギフトとしてよく私も貰います。



先日会社の同僚の結婚式では、そんなプチギフトを頂きました。



そのプチギフトは「クッキー」



ただのクッキーではなく新郎新婦の写真と言葉が入ったクッキーでした。



これが新郎新婦の写真入りの大皿では困ってしまうのですが、クッキーなら貰う方も負担が少ない、記念になる物ですし、食べ物だから美味しく頂けば何も残らないのが嬉しいです。



このプチギフトを提案したのが結婚した新婦の意見みたいでした、結婚式に来てくれる方々の負担にならないギフトを考えたらクッキーが良いと思いプチギフトにしたみたいです。



プチギフトは貰う方も負担がなく良いですが、新郎新婦にとっても経済的にも負担が少ないのが良いですよね、その後そのプチギフトのことについて色々話しを聞いてみましたが、クッキーの他にも、新郎新婦の写真をプリントしたプチギフトシリーズは人気があり、ミニケーキ、せんべい、飴など様々な物にプリントしてプチギフトとして提供するサービスもあるみたいです。



プチギフトに対する考え方は人それぞれですが、私はプチギフトは貰ってやはり嬉しいですね。
結婚式のひそかな楽しみがプチギフトです。プチギフトは新郎新婦の好みやセンスがかなり分かるプレゼントだと思います。仕事柄たくさんの結婚式に出席してきましたが、オーソドックスなお菓子や個性を生かした物などを贈っている人がいて、帰りにどんなプチギフトをもらえるか、いつも楽しみにしています。

そんなプチギフトなのですが、私自身が結婚をするときに何にしようかかなり迷いました。最初は手作りクッキーにしようか、などと無謀なことを考えていたのですが、100人以上のゲストだったのと、式前にそんなことやってられないということで手作りはやめました。結局クッキーの詰め合わせにしたのですが、両親から喜んでもらえました。

ある友人の結婚式に出席したときのプチギフトがかなりユニークだったのでご紹介します。その友人はかなりDIYが好きな子で、化粧水なども自分で作ったりもしていました。ちょうど結婚式の頃にバスボムを作るのにはまっていたみたいで、プチギフトが手作りのバスボムでした。

バスボムといっても大きなものではなく、お饅頭くらいの大きさのものが二つ入っていたのですが、春だったので桜と梅の香りがするバスボムでとてもよかったです。友人曰く、泊りで来てくれる人もいたのでホテルなどでも使えるように考えてつくったとのことでした。

特にこだわったのが香りで両方花の香りにするかどうか迷ったと言っていました。プチギフトがバスボムなのも初めてでしたし、これなら作り置きもできるので手作りもできて意外と良いな、と思いました。

最近の結婚披露宴では、プチギフトを手渡しながら

参列者のお見送りをするというのが一般的になっている

ようです。

ここ何年か出席した結婚披露宴ではほぼこのスタイルが

採用されていました。




プチギフトでの定番はやはりクッキーなどのお菓子でしょう。

お菓子屋さんのクッキー

続きを読む: もらって楽しめるプチギフト